ぐでぺんLIFE

歯列矯正とか旅行の思い出とか日々のお役立ちとか、いろいろ書いてます。

読書記録2019.3

通勤の電車で本を読むようになりました。

借りた本だったり、読み終わると手放してしまったりで

手元には残らないので、

せめてブログにして残しておきたいと思います。

 

これ以外にもジャンプとサンデーとマガジンは読んでるよ!

茶店でモーニング食べながらね!

 

 

ユートピア 湊かなえ

f:id:gudepen:20190421163936j:plain

 

湊かなえさんと言えば、イヤミス

嫌な気持ちになるミステリー。

代名詞の通り、後味はあまり良くありません。

 

地元で生まれ育った人、

夫の転勤で来ることになった人、

自ら望んで来た新しい人。

 

それぞれの立場の違いと思考がとてもリアルで、

田舎町特有の閉塞感、息苦しさ、起こった事件。

彼女たちの本音を考えてしまいます。

 

前半は物語があまり進まないのですが、

中盤からページをめくる手が止まらなくなりました。

 

ユートピア (集英社文庫)

ユートピア (集英社文庫)

 

 

 

きのう、何食べた?

 

 

 

ドラマ化でなのか、amazonの電子版が1巻2巻無料だったので。

食事を通して見る、ゲイカップルのほのぼの日常系。

11巻ぐらいまでは読んでたのよね。

 

どれも素朴なんだけど美味しそう。

ああ、日常にはこういうの食べるよね。

私も作るの好きだし、お金のこともあるし、

シロさんの考えが手に取るようにわかるってなった。 

メニューがマンネリになったら読んでたな。

からし和え作ったこともあったな〜。

 

今度レシピ集が出るんですね。

おいしそうだな〜。

公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ~

公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ~

 

 

 

 

 

自分を好きになりたい。 わたなべぽん

 

幼少期のしんどい親子関係から

自己肯定が低くなり、

「自分のことが嫌い」という、

つらい感情を抱えて生きてきた著者が

その状態から脱するためにやってみたことの

エッセイ漫画。

 

似たような環境に育つと、似た思考になるんだねなと。

自分を客観的に見るのってすごく難しくて、

どうしたらいいかわからなかったのだけれども、

「小さなころの自分を目の前において、その子が喜ぶことをする」

考え方は良いな、取り入れたいなと思いました。

 

毒親系の本の中でも、読後に前向きになれて読んで良かったオススメ本です。

 

 

 

 

以下、私事で少し重い話なので苦手な方はスルーしてください。

 

 

 

 

 

私自身も親に否定ばかりされて育っていて、

著者に共感しっぱなし。

 

私の実家では、

親は運動スポーツ至上主義。

学校の勉強ができても

「運動ができないのは意味がない」や、

妹は運動できる方なので比較しては

私に「お前は運動できないダメなやつと」いうことを

平気で言うタイプ。

 

そのうえ「うちにはお金がない」が口ぐせで、

「妹や弟がいるからお前に使う金はない。考えろ」と

私には言っていて。

私は下着すら自分で買っていたのに、

妹や弟、当時ハマっていた宗教にはバンバン貢いで

なんでも買ってあげていた。

 

 

 

そんな環境だったから

両親から愛されている、好かれているなんて

全くもって思えなかったし、今でも思えない。

 

今、両親に、特に母親には何を褒められても

金の無心のためのおべっかにしか聞こえない。

 

学校でも

私は成績はよかったけど、見た目がよくなかったからか、

「ブス」「キモい」「死ねばいいのに」

聞こえるようにクスクス笑われたり、

物を隠されたり。

 

挙句、妹からも

「友達いないくせに」っバカにされていた。

 

学校にも自宅にも居場所なんてなかった。

早く稼いでこの環境を出るか、

死ぬことしか考えてなかった。

 

そんな風で育ったので

今でも自分を下げる癖が抜けなくて、

自己否定がこびりついている。

褒められても大したことないとか、

思ってしまってどうしようもなくなってしまう。

 

嫌われたくないという思いが強すぎて、

クラスの中でも職場でも、

なんでも引き受ける都合のいい人間に

いつの間にかなっていて。

 

他人が同じ状況になっているのを見たら、

「手伝いましょうか?」と声をかけるだろうに。

 

今まで粗末にしか扱われたことがなかったから、

自分でも自身をを粗末にしか扱えない。

 

「そんなに卑下することないのに」

「自分を大切にしなさい」とまわりから言われても、

どうしたらいいのかわからない。

 

自信を持つってどうやったらいいの? 

 

そんな私の疑問の、解決の糸口になる内容だと思いました。

まずは自分自身にお金をかけてあげよう、

快適な場所で、気持ちよく過ごさせてあげようと思っています。

 

 

3月末は繁忙期で、

帰りの電車で寝ちゃってたので

読んだ本は少なめですが、

来月はもう少し読めたらなと思っています。