ぐでぺんLIFE

歯列矯正とか旅行の思い出とか日々のお役立ちとか、いろいろ書いてます。

いとしのマイルーム

 

今まで電子レンジのない生活を送ってきました。置き場所がなかったのと、ある程度自分で料理ができてしまうので、なくてもやってこれました。

でもいい加減に電子レンジが欲しい!今まで電子レンジのない生活を送ってきたけれど、仕事で疲れて帰ってきて、座らずに料理して食べて片付けなんてしたくない時だってある。ましてこれから繁忙期。帰り道にコンビニがないから、コンビニのために遠回りしたくない!おうちで温かくておいしいものが食べたい!やっぱり電子レンジがほしい!

 

今週のお題「わたしの部屋」

 

 

置き場所の確保 

f:id:gudepen:20200411220544j:plain

現状の写真をご覧ください。キッチンラックにトースター、炊飯器、電気ケトル、水切りかご、ごみばこ。とりあえず引っ越したときにあるもので構築したキッチンですが、ゴミ箱の上のスペースが空いているので、この辺をうまく活用できないかなといった感じです。スペースの総量は問題なさそうなので、このあたりを有効活用できる棚が必要になります。

そうなるとキッチンラックの買い替えから考えます。

私の希望としては

  • ごみばこの入るスペースのあるもの
  • 炊飯器を置く場所は前に引き出せるようになっていること

この2点を満たすものを探すことになります。

これがなかなか見つからない。

ニトリやホームセンターでも探しましたが、盤面が引き出せるものは今まで使っていたのとほぼ同じような感じ。下に板が入っているのでごみ箱が置けないのと、横幅が50cmほどなこと。もっと横幅があって盤面が引き出せるのがいいのです。

私の持論なのですが、物を買う時、特に大物を買う時には、使い勝手の面で妥協しないこと、とりあえずで買わないことの2点が重要だと思っています。

使い勝手が悪いとそれだけで使うたびにイライラがたまってしまいます。まして大物だと捨てるのも一苦労で、おいそれと買い替えもできないので初手が肝心。予算はたてますが、少しのオーバーならば他から流用して、使い勝手の良い気に入ったものを買ってしまいます。

 

あれやこれやと探して1ヶ月…。やっと見つけた!見つけた瞬間、コレ、コレ〜ってなった。

ベルメゾンすっきりみえるにこだわったレンジラックです。

f:id:gudepen:20200412001631p:plain

ベルメゾン すっきりみえるレンジラック

 

下にゴミ箱置けて!引き出せる板があるの!一番下は引き出せるけど位置固定なんだけれど、中の2段は位置を変えられるのも良い!

f:id:gudepen:20200412001845p:plain

ベルメゾン すっきりみえるレンジラック

横幅も2種類あって、61.5cmあれば大抵の電子レンジは入るし、91.5cmあれば万々歳。この大きさになると、もっとガッツリ家具ですドーンみたいなのが多いけれど、すっきり見えるのはなくて、見た瞬間、キミに決めた!ってなりました。楽天のお買い物マラソンを待って購入しました。クーポンが出たので…。

 

 

 

早速組み立て

注文してから到着までは2日ぐらいで来て、早くて驚いた。また届いたものの重さにびっくりした。玄関からリビングまで運ぶのが組み立てで一番苦労したところです…。

組み立て自体は難なく終了。一番上と一番下の板が固定なのですが、中2段の位置をどうしようか考え、引き出せる段のスペースは40cmは欲しいなということで下から3番目の穴に、その上はもっとスペースが欲しいなということで、一番上の穴に棚板を固定しました。

f:id:gudepen:20200411220600j:plain

すっきりみえるレンジラック

す、すっきりみえる!!好きぃ!!

まず下にゴミ箱を置けるのが良い。ゴミ箱の上のスペースもある程度あるのでゴミを入れにくいとか出しにくいとかがないのが良い。

炊飯器をのせている板が前にスライドするのでご飯を炊くときの蒸気がこもらないのが良い。

横幅も大きいし、完璧。私の好みドンピシャ!配置して1週間ぐらい意味なく眺めてはニヤニヤしてた。

すっきり見えるのは大きくて、体調を崩してからごちゃごちゃしたのが苦手になったので、使い勝手最優先で選んだつもりが私にとってこれ以上ないものを買っていたので結果的にすごくよかった。

 

さてこれでスペースはできました。水切りかごを仮置きしているところを電子レンジ置き場にして、水切りかごは流しへ持っていきます。

 

電子レンジ選び

電子レンジは温めをメインで使うつもりなので、スチームのような高性能は必要がありません。

ひとつこだわりポイントがあって

  • 扉は前に開くタイプ

職場にあるのが横に開けるタイプで、勢い余って跳ね返ってきてしまったり、中のものを出す時に手が扉に触れたりで、使い勝手が良いとは感じられなかったので、扉の向きにはこだわります。

前に開くタイプだとほとんどオーブンレンジになるので、その中でもそこまで高くないもので十分。結果、パナソニックのこちらになりました。決め手はひき肉の解凍に強いことでした。

 

さっそく設置してみる 

f:id:gudepen:20200412225651j:plain

スッキリした

電子レンジが思ったよりも大きくて、レンジの横にトースターが置けなかったので、炊飯器の横へ。ケトルを電子レンジの横にもってきました。このレンジラックには電源がないので、延長コードで増やしてあります。ケトル、炊飯器、トースターは延長コードから電源を取っています。この中の2つ同時に使うことはほとんどないので、大丈夫でしょう。垂れ下がっているコードの見た目が良くないので、結束バンドで棚に沿わせる予定。

一番上の棚は、買い置きの食品などを入れるのに使っています。

 

f:id:gudepen:20200411220544j:plain
f:id:gudepen:20200412225651j:plain
ビフォー     アフター

すっきり!!!使い勝手も文句ありません。パッと見て整っているのが嬉しくて、1ヶ月ほど無駄に棚を見てはニヤニヤしていました。

そして電子レンジのある生活のなんと便利なことか。ブロッコリーやキャベツは茹でなくても良いし、電子レンジとガスで平行してできるから時間短縮になるし、なによりもお惣菜や冷凍食品が食べられる!おいしい。

元々、家からあまり出ない派で、外食に出かけるために着替えるのも面倒派なので、お家で美味しいものを手軽に食べられるのが嬉しい。

さっそく使ってみた

f:id:gudepen:20200412015409j:plain

ファミリーマートの汁なし担々麺

土曜日のお昼。ファミリーマートで買った汁なし担々麺にトライ。辛いけど美味しい。香りが鼻に抜ける…!お店よりも美味しいかも。こういうのが手軽に食べられるのっていいなあ。

 

愛しのマイルーム

ここまで整えたのが、今年の2月の話。コロナの関係であれよあれよと学校が休みになり、外出の自粛、緊急事態宣言が出てデパートは休業。4月の繁忙期も忙しかったけれど、例年よりは抑えめ。それでも帰宅してから自炊する気力がなくて、まとめて作っておいたのを温めるだけにしておいて、外食よりも費用も抑えつつ手間を抑えた生活ができた。

何よりも家にいるのが楽しい。仕事自体はテレワークにはならないので出社する必要があるので、あまり変わりはないのだけれども、おうちがお気に入りの空間だととてもうれしい。

実家にいたころ、家に居たくなかった。私は”家族”のメンバーに入っているとは感じていなくて、居心地の悪さを感じていた。だから実家を出てからは「居心地の良い家」を作るよう努めていた。引っ越しのときの内見でも、ピンとくる物件に巡り合うまで何件も回った。

若いうちは家賃の安さが優先だったけれど、年次も上がって給料も安定してくると、家賃が少し上がっても居心地がいいかどうかが、おうち選びの基準になった。居心地の悪い家だと、家にいたくなくて外出するから費用がかさむので、どうせならその分家賃に足して、居心地の良い家で気持ちよく住んだ方が絶対にいいという考えのもとなのだけれども。そして家の外では気に入らないことや居心地が悪かったりなんてことのほうが圧倒的に多いから、せめて自宅のなかでは気に入るもの好きなものに囲まれて過ごしたい。

だから家のものを選ぶのに妥協はしない。以前は安かろうで買っていたときもあったのだけれども、重かったり取り回しがしにくかったりで結局処分する羽目になったし、処分するのに労力もかかるので、だったら初めから少し高くても、用途を満たして使い勝手の良いものを選ぼうと考え方が変わっていった。

そんなわけで、とにかく居心地の良いおうち目指して、機会を見つけては、ウエッジウッドの食器やカシウエアのブランケット、ルンバや全自動洗濯乾燥機など、少しずつだけど家のものを高機能で気に入るものに買いかえてきた。その甲斐あって今私の家はすごく居心地がいい。シンプルだけどあたたかみのある、私らしい家になっていると思う。

引越して家を育て始めようとするあの頃の私の私に伝えたい。あなたが自分のセンスで考えて考えて取捨選択して、ときに値段に購入を迷うこともあったけれど、それでも買い集めたもちょっといいものたちのおかげで、家にいる時間が長い2020年の春、居心地の良い家でちょっといいものを使って豊かな気持ちで暮らせている。自粛で外出はできなくなったけれど、家にいる時間も人生のひとつでそれもまたいいものだと。

コロナでリモートワークになることはなく、明日も明後日も出勤する。それでも温かく心地よく迎え入れてくれる、この家の存在がたまらなく愛おしい。まさにこのために、今まで家を育ててきたのだ。天気のいい日に窓辺で本を読む時間も、寝る前のストレッチも、そしてブログを書くためにパソコンの前に座る日も、物が少なめの私の暮らす家は、暖かい愛おしいさに満ちている。